■プロフィール

jinchujh

Author:jinchujh
仙北市立神代中学校 
秋田県仙北市神代字
野中清水244
  電話 0187-44-2110
  FAX 0187-44-3794
拍手で応援よろしくお願いします。

当ブログは記事や写真から生徒の顔と個人名等が特定されることのないよう努めております。

当ブログの画像を無断で転載することはご遠慮ください。利用したい場合はご連絡下さい。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成28年度 修了式
今年度をしめくくる「修了式」が行われました。
DSC_170321.jpg DSC170322.jpg
はじめに、表彰を行いました。
全日本書芸文化院 全国書初作品大会
金賞「東洋芸術」 銀賞「初日さす 硯の海に 波もなし」 古郡さん
ダブル受賞おめでとうございます。

DSC170323.jpg DSC170324.jpg
1年生を代表して藤川さんから「今年度をふり返って」の発表が
ありました。
「私は後期になって、何かに挑戦したいと考えて、思い切って学級委員長に立候補
しました。みんなをまとめられるか不安もありましたが、今まで誰かがやればいいと
人まかせだったので、自分を成長させたいと思い決意しました。
クラス一人一人の意見を聞いたり、それをまとめたりすることの大切さを知りました。
また、みんなの模範になる難しさも知りました。自分が頑張ってこられたのも、二人の
副委員長の協力があってこそと思います。二人には深く感謝しています。
学習ではネットやゲームに夢中になり勉強に集中できず、一通りの勉強ができても
しっかり頭に入っていなかったり、問題が解けなかったりしました。
部活動ではケガのため2ヶ月以上運動制限され、みんなと同じ練習ができませんでした。
ケガをしたことで仲間に迷惑をかけ、何よりもできなかったことがとても悔しかったです。
勉強に関しては、授業でならったところのワークをふだんから進める。テスト期間中には
一人勉強で繰り返しできるようにしたい。一人勉強の内容も、余白をなくし多くの問題に
取り組みます。
部活動では、いつでも全力プレイできるように、日々、身体をつくることを意識して、
ウォーミングアップやクールダウンを怠らないように取り組みます。
部活動と勉強の両立をめざし「逃げない・負けない・あきらめない」をモットーに、先輩達を
必死に追いかけてきたこの1年から、後輩達の手本となれる、中学校生活を送りたい。」


2年生を代表して藤井さんから発表がありました。
「私が後期に頑張ったことは二つあります。一つ目は勉強です。僕は英語に苦手意識が
あり、期末テストに向けて単語を何回も繰り返し書いて覚えるようにしました。まだまだ
時間はかかると思いますが、少しずつわかるようになってきたので継続したいです。
二つ目は部活動です。投手として毎日走り込みや筋トレを中心に練習に取り組みました。
少しずつ納得する投球が増えてきて自信がもてるようになりました。
3年生としての目標は二つあります。目標とする高校はありますが、今のままでは厳しいと
感じています。合格できるように、残りの一年を一生懸命学習したいと思います。
また、部活動で春と夏の大会にむけてチームとしてできることを増やしていきたいです。
総体を迎える時に、もっとこうしていればよかった、と悔いが残らないように1日を大切に
していきたいです。さらには最上級生になるので、後輩の手本となるように自覚をもって
学校生活を送っていきたいです。」

DSC170325.jpg DSC170328.jpg
修了式にあたり、校長先生からは次のようなお話がありました。
「あっという間の一年ではなかったでしょうか。そして皆さんにとっては学校生活でたくさん
のことを吸収し、大きく成長できた実り多い一年だったと思います。今日の修了式は、
生徒や先生方にとっても大きな節目にあたる大切な式です。「節目」といえば、北嶋三郎
さんの演歌に「竹」という唄があります。
”雪の降る日も 雨の日も  竹は節目で伸びていく
 人もまた 己が道の一里塚  確かめながら 行けばいい
 そこに出会いも 彩りも ああ粛々と いけばいい”

人の成長を竹に例えるなら、その節目は竹の節にあたります。竹は中が空洞です。
しかし、風雨に対する強さは、同じ太さの木に比べ数段強いと言われています。
それは茎が折れないように「節」がしっかり護っているからです。
今のみなさんに大切なことは、風雨にさらされてもびくともしない青竹のように、この節目
を自分自身で固めることです。節目を固めるには何をすればよいでしょうか。
それは、この一年間の自分をふり返り、きちんと反省することだと思います。今日渡される
通知票なども参考にしながら、一年のふり返りをしっかりと行ってください」
DSC170327.jpg DSC170326.jpg
竹製の熊手を例にしながら、お話されました。

自転車通学の再開について
天候や道路の状況、自転車置き場の積雪量などから、自転車通学が
可能であると判断し、春休みにあわせて自転車通学を再開します。

通学再開にあたって、自転車の点検・整備をおねがいします。
・ヘルメット破損がないか  ・ハンドルがぐらつていないか  ・タイヤの亀裂、空気圧
・サドルの高さの調節  ・ブレーキの効き  ・ライト点灯  ・反射板の有無
・ベル音確認  ・雨具の準備

自転車通学安全マナーを確認しましょう
ヘルメットを正しく着用します(あごひもをきちんとしめましょう)
一時停止と安全確認を徹底しましょう。
並列走行は法律違反です。
自転車置き場はみんあでシェアして使いましょう(次に置く人のために)

次のうちどれか1つでもあてはまったら自転車通学はできません
① 雪が降っている
② 雪が道路に積もっている
③ 道路が凍結している。


節目を大切にして、春休みをすごし、4月5日に元気に新年度をスタートしましょう
スポンサーサイト


学校行事 | 16:43:58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。